インターネットビジネス

止まらない仕事の在宅ワーク化の流れの中で望まれること。

最近の急速なインターネット環境の整備に伴い、仕事を家でなさっている方も珍しくなくなって来ました。
昔は造花づくりなど地味な内職くらいしか種類が無かった在宅ワークですが、最近は様々な種類が見受けられるようになりました。
特にインターネット関連の職種の増加は目を見張るものがあります。
メディアが流行を作ってきたひと昔と違い、今現在、人の好みの広がりは正に無限大となりました。ファッションにしても趣味にしても、「主流」という流れは今やありません。実にニッチな好みが世間には溢れ、その個々人に合わせたニーズに答えるには、身軽に動きが取れない大企業よりも、独特のアンテナを持つ小さな集団の方が断然向いています。
在宅ワークはこの小さな軽やかな集団を構成する一員として、その数を徐々に増やしています。この流れはこれから加速する一方で、決して止まることはないでしょう。あと10年もすると、働く人のほとんどが、小さな集団にその時々で流動的に属しながら、家で働いている…そんな時代が来るかも知れません。
この社会の大きな潮流を受けて、在宅ワークをまとめるための社会的組織も整ってきました。最近よく耳にするいわゆるクラウドソーシングは、クラウド(群衆)とソーシング(業務委託)からなる造語です。
ニュースなどで取り上げられることも増え、この仕組みの発達により、今まで眠っていた労働力が一気に市場に流れ込んでいます。
それまで独立して仕事を委託されており、無茶な要求に涙を呑まされる恐れもあった在宅ワークですが、この組織を通すことにより、弱い立場なりに仕事上の安全性の向上を図ることが出来るようになりました。
少子高齢化が叫ばれる中、一定の場所・一定の時間で人を拘束し、結果として長時間労働をせざる負えない今の社会の仕組みが、次第に立ち行かなくなるのは誰の目にも明らかです。
今後、更に安心して在宅ワークが出来るような社会的仕組みや、法律の整備が成されることが期待されます。