お金を稼ぐ裏技・テクニック

日経225先物取引はサラリーマンに最適の投資方法です

私は副業として先物取引に取り組み始めて5年が経ちます。最初は損をしてばかりの先物取引でありましたが、最近では安定した収益を出せるようにもなってきました。日本経済の先行きの暗さや、近い将来の年金崩壊を思えば、平凡なサラリーマンが本業だけに頼るのはリスクが大きすぎます。今や副業でお金を稼ぐべき時代なのです。そして、サラリーマンが副業としてお金を増やす方法は投資以外にないのではないでしょうか?

一口に投資といっても、その内実は様々です。株式投資やFX投資、不動産投資、バイナリーオプションといった様々な投資方法があり、そのどれをとってもお金を増やす方法としては優れたものです。どれを選ぶかは各人の自由。自分の知識や経験、経済力に合わして、最も収益を見込める投資に従事するといいでしょう。私の場合は、日経225先物取引を自らのお金を増やす方法として選択しています。

なぜ、日経225先物取引が私に相応しい投資手段なのか?それには3つの理由があります。まず1つめは、日経225先物取引が自由な時間帯に取引可能ということです。たとえば株式投資市場は朝の9時に開き、昼休みを挟んで、午後の15時に閉じられます。サラリーマンとして日中に働いている身分としては、この時間帯に取引することは困難です。しかし、日経225先物取引ならば、朝の9時から真夜中の3時まで市場が開いていますから、サラリーマンが仕事を終えて帰宅した夜間にも取引することができます。この取引時間の自由度の高さは、サラリーマンにとっては大変魅力的です。そして次に、日経225先物取引が少ない資金で大きなお金を動かせるデリバティブ投資であるということです。株式投資は元手がなければ大した利益は上げられませんが、先物投資であれば数十万円の資金であっても、副業としては十分すぎるほどの収益を見込めます。貧乏リーマンにとっては願ってもない投資方法なのです。そして最後に、日経225先物取引が取引する指標がシンプルであるということ。株式投資の場合は、個々の会社の業績を勉強しなければ投資先を決めることすらできませんが、日経225先物投資の場合は、日経平均株価指数を売買する取引なので、個々の会社について勉強する必要はなく、日本経済の大まかな流れだけ把握しておけば問題ありません。市場分析の労力を省けるのは、忙しいサラリーマンにとっては助かります。

このように、日経225先物取引は、日中を忙しく働くサラリーマンにとっては、理想的なお金を増やす方法なのです。もちろん、投資にはリスクがつきまとうものですが、今はリスクを背負わなければ生き抜けない時代です。自分の未来を自分自身で守るためにも、サラリーマンならば、一度試してみる価値のある投資方法だと思います。