お金儲け談義

急激なIT化によって急激に多様化するネットビジネス

 最近の急激なIT化によって仕事の形態もどんどんと変化していっています。特に成長著しいのがネットビジネスの世界です。ネットビジネスといえばインターネット上で展開される各種の仕事ですが、その種類は多種多様です。ネットビジネスには、インターネット上のネットショップ、在宅ワーク、アフェリエイト、ネット証券等の業種がありますが、どの業種にも通じて言える利点といえば、店舗を構える必要が無いということです。店舗を構える必要が無いということは、起業しようとした際に、店舗を借りる資金やお店を開店してからの毎月の家賃等の経費が必要ないため、資金が少ない人でもお店を開くチャンスがあるといえます。ネットショップを開設するのであれば、在庫の商品を確保するスペースだけあれば良いといえます。ネットビジネスの利点のもう一つは、時間の縛りがなくなるということです。通常の起業であれば朝の9時から午後の5時過ぎまでが仕事の範囲でその枠の中で仕事をするということになりますが、ネットビジネスであれば、インターネットに接続する環境とパソコンがあればいつでもどこでも仕事をすることが可能になります。ネットビジネスであれば、会社のオフィスにみんなで集まって仕事をするということも不要になってくる業種もあり、仕事のあり方が大きく変わるといえます。
 ネットビジネスは利用する側からもメリットがあります。ネットで展開されるあらゆる商品は通常店舗を構えて販売される商品と値段を比べると同じ商品でありながら値段が安く設定されています。店舗を維持する必要が無いために設備投資や人件費が削減できて商品の値段に還元されています。消費者からすれば、同じ製品であればより安く購入できるほうが嬉しいのは当然であり、ネットビジネスが急成長する原因は、価格面も影響しているといえます。今後もネットビジネスの動向に目が離せないですし、どんなビジネスモデルが新たに展開されるかが楽しみです。