お金を稼ぐ裏技・テクニック

クレジットカード現金化は長期に影響する可能性も

お金に困ってしまう人というのは日本全国にたくさんいて、中には普通の生活をしていたにも関わらず突然の不幸によってお金に困ってしまうという方も少なくありません。明日のことはわからないのが現実ですから、今大丈夫だと思っている方でもそうではないかもしれません。そういった方々の大半はクレジットカードを持っているのですが、そういった方々を狙って悪徳金融業者とか詐欺師の連中が動いています。その代表的なものがクレジットカード現金化というものです。

これは、クレジットカードに設定されているショッピング枠を現金に換えるというもので、現金化を行う業者が用意した商品をクレジットカードで購入、それをその場で買取に出すことによって、換金手数料を除いた金額が手元にくるというものです。一見するとこの方法は、どちらも得をするwin-winの関係に見えるかもしれませんが、実はこれ大きな間違いなのです。クレジットカードには利子というものがあるわけですが、それを考えるとクレジットカード現金化というのは最悪の方法といえます。一般的な悪徳業者の換金手数料はおよそ10%です。最近では98%還元とか広告を出して利用者を集めていますが、実際に利用しようとすると何だかんだと屁理屈と詭弁で10%前後まで手数料を取っていくようです。

この換金手数料の他に、クレジットカード会社に支払う利息というものが発生します。
会社ごとにその利息額は違いますが、この換金業者に支払った手数料を合計して考えるとその利息はとんでもなく高くなってしまうのです。一時は現金を手にすることが出来るというのは間違いないのですが、それは巧妙にお金を搾り取られているに過ぎません。大抵のクレジットカード会社はこのようなカードの利用は禁止していますから、発覚すればカードの停止はおろかクレヒスにも傷がついてしまい、今後ローンや分割払いが出来なくなる可能性も出てきます。長期的にみればクレジットカード現金化にはメリットはほぼありませんので、利用しないようにしましょう。