お金儲け談義

自力だけでお金を劇的に増やす事は出来ない

お金を増やす方法で大きな間違いをしているなぁと思う事がある。それは働いて増やそうとするという事である。一見すると王道の様にも思えるが、実はそうではない。この方法では早々に限界の壁にぶち当たってしまうはずだ。人間一人が全速力で走った所で、そのスピードというのは知れている。それと同様に幾ら頑張って働いた所で、稼げる金額には限度があると言えるだろう。まぁ1ヶ月あたり百万円も行けば凄いという所だろうか。

それ位の金額が目標なのだとしたら、その方法をすれば良い訳で何一つの問題もないという事になるが、もしも遥か上の金額を目指しているのならば、これらの方法では絶対に通用しないはずだ。丸っきり別の方法でやらなくてはいけない。これは登山で言うのなら、それまでの方法が自力によるもので、これからの方法がヘリコプターみたいなものである。根本的に違う事をしなければ劇的な稼ぎになる事はないのである。

この時にイメージして欲しいのが雪だるま作りである。何の関係も無い様に思えるが、実はそうではない。ある程度までは自力で雪をまとめる事になるが、その後は転がしているだけで自然と雪がくっつき始めるはずだ。これをお金に代えて考えて欲しい。

つまり途中からは自力では無くて、他力に頼るべきなのだ。お金を増やす方法の真髄とはこの事なのである。他人をいかに利用するかと言えば、何だか聞こえが悪いかもしれないけれども正にその通りなのである。もし、それが嫌なのであれば別の方法も視野に入れるべきだろう。

それは具体的には投資である。お金を増やす方法としては先程の例と同じくらい重要になるだろう。こちらはイメージ的には良くないかもしれないが、それは知らない人が勝手に言っているだけに過ぎない。やってみれば分かるが、そんなに危険なものではないのである。自動車だってスピードを出し過ぎない様にすれば安全なはずだ。要は本人のやり方次第なのだという事を意識しておこう。