お金儲け談義

アンタでも楽に儲かるといわれたバイナリーオプション

お金を儲ける、という行為は真面目に生きている人間が手を出してはいけないんじゃないかと思っていて、美味しい話を聞いても乗ったことがありませんでした。
でも、会社でほぼ同額の給料をもらっているはずの同僚が、私よりも良い車に乗ってブランドバッグを持ち、週末はホテルのレストランで食事をしているのを見て気が変わりました。
その同僚は、賢く資産運用しているんだそうです。説明してもらったけど、私の頭では良く理解できませんでした。まあその同僚も説明するのが面倒で詳しく解説してくれなかったのですが、仕方がないので実家の兄に解説してもらうため、彼の大好きな大吟醸を手土産に持って行ったのです。
そして、初心者でもできるという「バイナリーオプション」というものについて説明してもらいました。このバイナリーオプション、同僚からも聞いたのですがイマイチよく分かりませんでした。10分後の相場を予想する、とかいうのですが私は相場とか金融については全く知識がなく、予想なんてできるわけがないのです。
ところが、兄の説明だと予想と言っても高くなるか安くなるか、そのどちらかを選べば良いというのです。2つに1つ、ということですから確率にすると50%ということですよね。
何だそんな単純なこと?と拍子抜けしましたが、考えてみればそんな簡単な賭けみたいなのに大事なお金をつぎ込むのはちょっと怖いなあと思ってしまいました。
やっぱりやめるわ、といった私に対し、兄は自分がこれまでバイナリーオプションでいくら稼いだかを得意そうに話し始め、その額にびっくりして結局私もやることになったのです。バイナリーオプションを。
でも、いくら2つに1つの選択でも、基本的な知識が必要だということでさらに兄の「講義」は続きました。ここでもまた私はつまづいて、円高と円安の意味が分からなくて兄をイライラさせました。
円が高くなるとなんでドルが安くなるのか、その仕組みが理解できないのです。でも、実家にあった私の大好きな輸入菓子を使って説明してもらったら、すんなり理解できたのです。
これだ、と思いました。難しい金融の話も食べ物に例えて解説してもらえば頭に入る、兄に頼んでこれからもしばらくはお勉強が続きます!