「お金儲け談義」の記事一覧

どうしてもお金が必要になったらどうしますか

どうしてもお金が必要になるときって人生のうちで何回くらいあるんでしょうか。私はこの前そうなりました。休みの日に友人と喋っていると携帯にバイク屋から電話がかかってきました。出てみると私が以前から目をつけているバイクが売れてしまうかもしれないがどうするということで、でも急に言われてもお金が用意できないから買えないしどうしていいか分からないと言うと今すぐ10万円用意したら他の人には売らないで待ってくれるというので10万円が直ぐに必要になりました。でも10万円は大金だから持ち合わせはないです。5万円ならあるので残りの5万円を友人に頼み込んで貸してもらいました。

そして急いでバイク屋に行って10万円を払ってとりあえず売るのを待ってもらうことになりました。全額で50万円ぐらいなので後40万円ほどがいるのでそれをどうするか決めたら売ってくれるといわれました。もしダメだったときには10万円は返してくれるので友人に借りた5万円は絶対に返せるのですが、バイクを買うときはその5万円を入れた45万円ぐらいを用意しないといけないわけです。今乗っているバイクを売れば5万円以上になると思うので後の40万は多分どこかで借りるしかないかなと思っています。どうしてもお金が必要になったら借りることが普通だと思いますが違いますか?貯金があったらいいと思いますが、給料は全然多くないし支払いとか普通にしてたら全然貯金なんか出来ないです。でもどうしてもお金が必要なときが多分これからもあるだろうと思ったらやっぱり貯金しないとダメなんだろうとは感じてます。

でも今は貯金がないから借りるしかないし、借りたお金はがんばって働いて返すしかないと思ってます。ずっと欲しいと思っていたバイクだから諦めるのは嫌だし買えなかったらきっと後悔するからそれよりは借りるほうがずっとましです。でも借りてばかりだといつか大変なことになると思うので、どうしてもお金が必要なときがあと何回来るのか分からないですが、借りなくてもいいように早くなりたいと思っています。

お金は生き物だから大切にしましょう

お金は生き物に例えられることがあります。どんな意味でそう例えられるか使う人や状況によって違うようですが、それぞれなるほどと思わされるものばかりです。例えばお金はお金持ちのところに集まり、貧乏な人のところからは去っていくと言う意味の「お金は寂しがりや」は聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。他にも、お金はその大小ににこだわらず大切にしてくれる人を好きになり、小額だからと粗末に扱う人を嫌うという風に言う人もいます。まるで感情を持っているかのように人々の間を動くのでお金は生き物に例えられるのでしょう。

そんなお金の生き物らしさにはこんな物もあるのではないでしょうか。お金を増やすことをお金がお金を生む、と言うことがあります。利子が利子を生むと言うこともあります。生き物が子供を産んで子孫を増やしていくようにお金が増えていくさまを例えたものでしょう。鉄や石、水やガラスなど生きていないものは増えないので確かにお金は生き物かもしれません。しかしただ置いておくだけではお金はお金を生んでくれません。もしそんなことがあるならタンスはいつかお金で膨れ上がって壊れてしまうでしょう。第一誰も働かなくなります。お金を増やすにはお金を増やす方法が必要なのです。それはどんな物でしょうか。

それは大きく2種類に分けることが出来ます。一つは今あるお金に働いて稼いだお金や物を売ったお金など外から持ってきたお金を足す方法、もう一つは今あるお金を使ってお金を増やす、正にお金がお金を生むとも言うべき方法、この二つです。前者は分かりやすい方法です。給料を増やす、副業をする、オークションやフリマで物品を売るなどで比較的簡単に実現可能なお金を増やす方法です。後者はいわゆる「資産運用」と呼ばれる方法です。資産運用には貯蓄と投資があります。貯蓄は銀行や郵便局にお金を預けること、投資は株式や投資信託にお金を預けることで行います。どちらのお金を増やす方法でも増えたお金に変わりはありません。どこかへ去ってしまわないよう大事に扱ってあげてください。

お金がないという状態にはなりたくないけれど

何気なく観ていたテレビ番組だったので、詳細は覚えていないのですが、ある若い男性が海外旅行へ行き、乗るはずだった飛行機に寝坊をしてしまったせいで乗れなくなってしまったという事態に遭遇してしまったという内容でした。

航空券のチケットを買い直さなければいけなくなってしまったのですが、有り金のほとんどをはたいて購入しなければならない羽目になってしまいました。お金がないので宿にも泊まることが出来ないため、できればその日に帰国できる飛行機のチケットを予約したかったようなのですが、そんなにうまい具合に事は進まず、翌日のチケットしかありませんでした。とりあえず、空港を後にして街をさまよいのですが、お金がないけれどお腹もすくわけです。男性だから野宿をして過ごしたのですが、女性はこの状況は無理だろうなと思ってしまいました。

このテレビ番組を観て、お金がないときという状況に自分がなった時、どうしたら良いものかと考えてしまいました。この場合は海外ですが、例えば日本であっても知り合いも誰もいない場所へ旅行へ行ったとします。クレジットカードや銀行のキャッシュカードを持って出るのを忘れてしまい、現金しかないという状態だったとしましょう。ついでにスマホも忘れてきたなんていう状態だったら、きっと交番に助けを求めるのではないかと思います。でも、交番も頼りにならなかったら、お金がないときに利用するにはもってこいのお店である質屋へ行き、売れるものを売るかもしれません。

売る物がない場合でお金がないときは、日雇いの仕事を探すかもしれません。日当ですぐにお給料が頂ける仕事であれば、その日一日稼ぎ、そのお金で自宅へ帰るための切符を購入できるのではないでしょうか。色々考えると、お金がないときでも体さえ健康であれば、稼ぎ方って色々あるなと思いました。どうやって稼ごうと悩むことが多かったのですが、考えようによっては色々あるのではないかと思います。

仕事中の事故の可能性を考えて副業を選ぼう

仕事をしていて、それが原因で命を落とすと言うと、まさかそんなバカな事があるかという反応が返ってくる事があるのですが、特に珍しい事ではありません。テレビ等では殆ど報じられる事が無いだけであって、事故自体はあちこちで発生している物なのです。いわゆる労災事故と言われているものです。

ですので、どうせ副業をやるのだったら安全な副業を選ぶに越したことはありません。体を動かす系の仕事はあんまりお勧めできないですね。もちろん、しっかりルールを守って安全第一の精神でやっていれば事故は防げるのですが、万が一という事も考えられるからです。その確率は低ければ低い程良いでしょう。そこで候補に挙がるのが在宅でのお仕事です。まさか自宅に居る時に死亡事故が発生するという事はないでしょう。持病でという事はあるかもしれませんけど、やっている仕事そのものが原因での事故は起こり様がありません。

これらの仕事ではPCを使うのが普通ですので、それに慣れておくようにしましょう。今は若い人達であってもスマホを使用する事が増えてきているために、PCの操作に不慣れだという事が少なくありません。それでも出来なくはないのですが、やはり効率よく稼ぐ事を念頭に入れると、そうすべきという結論になるのです。

ただ、安全な副業では稼げるお金に差があります。格差社会とも言われますけど、そんな感じなんですね。その点、体を動かす系のお仕事は飛び抜けて大金を得られるとまではいかないにしても、それなりの報酬が約束されているという利点があります。どちらであっても一長一短ある事を忘れてはいけません。その時々の自分の経済状態などを考慮して選択すべきなのです。

簡単で尚且つ安全な副業で慎重に行くか、それともやや危険ではあるけれども、報酬の高い仕事にするかを決めるようにしましょう。私なんかは前者の方を選びますね。やはり安全こそが最優先されるべきだと思っていますので。

安全な副業でコツコツ収入アップ

安全な副業と言えば時間拘束も緩やかで自分の好きなペースで行える仕事と言えます。
高収入でも本業に影響を与えてしまう程の負荷がかかるものはリスクが高いと言えますし、本業を終えた合間時間に行う副業で疲弊してしまっては心身への負担が大きいです。

安全な副業でコツコツ収入アップを目指す場合には、隙間の時間で行える事や、確実に行った分は収入に結び付く事が望ましく、初期投資や時間的コストが膨大にかかるタイプの副業は実りが出た時には大きいですが、相性が悪ければ全くお金にならない事もあります。ですから安全な副業というものを選択する時には初期コストのかからないタイプのものが望ましく、コストというのは金銭も時間も含まれるものであり、稼げないという可能性がありえるものは安全とは言えないです。

組立作業や文章打ち込み作業、お小遣いサイト等、誰でも簡単に開始出来る副業は無数にありますし、パソコンやスマホを使って何時でも合間に出来る副業を選択して、まずは仕事の合間に稼げるという事を実感して時間を調整していくと良いです。始める時も簡単で辞める事も簡単な仕事を選択すると気分も楽ですし、隙間時間に試しにいくつかの副業をやってみて相性の合うもの、心身への負担が少ないものを選択する事が望ましいと言えます。

もちろん安全かどうかという点は人によって違う面もあり、スキルがある方は高収入を狙って自分のサイトを立ち上げて商売を行ったりする事は有効であり、軌道に乗せる事が出来れば短時間で大きな収入を得る事も可能であり、本業よりも大きなお金を稼げる場合もありえます。お金や労力の問題だけではなく、勤務しているサラリーマンの場合は副業が認められているかどうかの確認は必ず行うようにする事が必要であり、副業を行う事によるペナルティーが課せられる会社もありますから社則等をチェックしておかないとリスクになりえるものです。自身の状況に応じて選択してコツコツと稼いで収入アップに繋がる事が望ましいと言えます。

お金がなくなったときの恐ろしさ

今、身に着けている物や身の周りにある物はお金を使って手に入れた物ばかりです。食べ物も服も家も家具も車も水も電気も全部お金があるから食べたり使ったり出来ます。もし、明日突然にお金がなくなったら、そしてそれが長期的に続いたらどうなるでしょう。一時的にお金がないときならよくあることです。例えば財布を忘れて買い物が出来なかったり結婚式や入学祝などで出費がかさんで月末の家計が苦しいとか、仕送り前にインスタントラーメンで何日も過ごした学生時代の思い出をお持ちの方も少なくないでしょう。

しかしこれらは財布を取りに帰ったり仕送りが届けば問題は解決してしまいますから生活に大きな影響は出ませんが、収入の当ても貯金もないような本当にお金がないときは生活は根本から変わってしまいます。お金がないときに誰もがまっ先にするのは外食を控えるとか、食事の回数や量を減らしたり安い食材への変更などの食費の節約でしょう。食事は毎日のことですから出費を抑える方法としては簡単で始めやすいですが、全く食べないわけにもいきませんから効果も限定的になってしまいます。

しかし、本当にお金のない状況では食べることさえできなくなります。食べることは生きる為の栄養摂取ですから食べられない状況は命に関わる大問題です。借家ならお金がないと住む場所を失いますし、住む場所がなければ雨風をしのぐことや寒い季節に暖を取ることもできなくなります。病気になっても薬も買えませんし病院で診てもらうことも治療を受けることもできません。本当にお金がない状況では人は生きていくことが出来ないのです。

そんなことにならないようにセーフティーネットとして生活保護制度が用意されていますが、悪用する人の増加で審査がかなり厳しくなっていますし、財政の悪化で支給額も減らされる傾向にあります。また、生活保護の恩恵を受け続けると社会復帰が困難になるとも言われています。生活保護を受けるのは国民の権利ですから恥じることではありませんが、受けずに済めばそれに越したことはありません。お金のない状況に陥らないよう普段から蓄えを作っておくのが大事です。

チャットレディを始めるなら最大手のDMMがお勧め

自分に都合の良い、ちょっとあいた時間などでお金が稼げるチャットレディのお仕事は女性に大人気です。基本的に若い人が求められるところが多いですが、40代位でも働けるお店は結構あります。
幅広い層へ求人を出すほど人気ともいえる訳ですが、少し違った見方をするとリスクがある事の裏返しと気づくでしょう。

この業界自体が若干グレーな部分もありますし、何より悪質な業者も少なからず存在します。面接では良いところばかり言い、いざ働いてみるとノルマ強いられたり、最悪アダルト行為の強要も。話すだけと勘違いしてる人も多いのですが、チャットレディはかなりアダルト寄りのお仕事です。用意された露出の高い服に着替えるのはごく普通で、アダルト行為は任意でといった業者が大半です。画面越しに喋るだけで時給数千円というのはごく稀なケースだと認識しておくべきです。

例えば最大手の一つのDMMライブチャットは、大企業の運営ですがアダルト行為は任意になっています。驚かれる方もいるのではないでしょうか。それでもDMMは実際にチャットレディで働いた事のある人の中では大人気です。大企業だけあって強要されたという話は聞きません。ちなみにDMMは専属契約すると時給が7千円を超えます。i安全さと評判を考えると一番のお勧めになります。アダルトはあくまで任意、それでもこれだけの条件を出せるのはDMMの認知度によるものにほかなりません。男性のお客がいてなんぼですので、男性に認知度が高いDMMという名前は、それだけで集客率が他と段違いで有利なんです。

女性からすると、DMMってDMM.comのCMをTVで見る位かもしれません。ですが男性側は全くといっていいほど違う認識を持っています。嘘かと思われるでしょうが、DMM=アダルト、大半の男性はこうなんです。何故かというと、AVやAV女優等を検索すると必ずDMMがトップに出るので、ほぼ刷り込まれてるといっても過言ではないんです。そのこともあって、男性客がDMMには集まりやすく、チャットレディにも顧客がつきやすいのでお勧めです。

支出とお金を稼ぐ方法に意識を向けてみること

収入を増やすと言っても、お金を稼ぐ方法のみを意識している人があまりにも多すぎるように思います。そんなこと当たり前じゃないか、収入を増やし資産を増やしていくことこそがお金稼ぎの王道だと、そういう意見が聞こえてくるように思えます。しかしそれは私から言わせれば、片手落ちではないかと、そう感じるのです。なぜなのかというと、お金というものは入ってくることもありますが、出ていくことも当然あるのです。なぜ片方の道だけを意識して、もう片方の道のことを忘れてしまうのでしょうか。入り口だけを意識して、お金の出て行く出口という扉を多くの人たちは忘れてしまっているのです。確かに収入を増やすのは良いでしょう。しかしながら、そういう人たちは決まってお金の使いすぎであり、浪費家として生きていることが多いのです。私の提案は至ってシンプルです。お金を稼ぎ、お金を稼ぐ方法や収入を増やすことに意識を割くのは当然良いでしょう。しかし収入だけに目を向けるのではなくて、支出の部分にも意識を割いてみるのも良いのでないかということです。このことを聞かされると一部の人は目を背けたくなるようです。誰だって、今の生活水準を下げてまで生きていたくないからです。しかしお金を稼ぐ方法に意識を向けるならば、支出を抑える習慣を持っていると、ますます資産は増えていくことに気づいてください。支出を抑えることで、使われるお金は減っていき、その相乗効果でお金は増え続けます。例えばあなたが株式投資を使ってお金を増やそうと考えていたとしたら、もし月の支出を1万でも2万でも抑えるだけで、年間に使える投資金額は20万程度も増えることになります。それは大きなプラスだとは思いません。支出を意識するだけで、扱えるあなたの手駒はどんどん増え続けるのです。扱うお金の居場所を増やしてあげることで、あなたのお金はお金を稼ぐ方法に適応し始めるのです。収入と支出と投資この3つを連携させることで、あなたの資産の増加は加速していくことになるのです。

ノーリスクハイリターンでお金を増やす裏技などありません

お金と言うのは人間が生きる為に欠かせない物であり、常にお金を確保しておく必要があります。
しかしお金と言うのは思い通りにならない物であり、入ってくるお金よりも出て行くお金の方が多い物です。
ですから出るお金を何とか減らして、入るお金を増やす努力をしなければいけません。
出るお金を減らすには節約をすればいいのですが、入るお金を増やすにはお金を増やす方法を考えなければいけません。
入るお金を増やすには今以上に働けばいいと考えるかもしれませんが、そう簡単に行かないのです。
働く時間を増やせば他にする事に使う時間が減ってしまい、超多忙な生活を送る事になってしまいます。
また人間の体力は限られている物であり、そう簡単に働く時間を増やす事な出来ません。
ですから働く以外に、お金を増やす方法を駆使してお金を増やしていかなければいけないのです。
とはいえ働く以外でお金を増やすとなると、どうしてもリスクを視野に入れなければいけません。
一般的にお金が増えるリターンとお金を失うリスクは比例関係にあり、短期間で大きくリターンを増やそうとすると、同時にリスクも高くなってしまうのです。
銀行の普通預金や定期預金はノーリスクと言えますが、我が国の現在の低金利ではローリターンしか望めず、とてもではありませんが満足にお金を増やすことなどできません。
ですから満足にお金を増やす為には、どうしてもリスクを負う必要性が出て来るのです。
良くノーリスクでハイリターンが望めると言った触れ込みの物が、ネットなどで目にする事がありますが、こういうものは間違いなく詐欺だと断言できます。
短期間で大きくお金を増やしたいと思っていると、どうしてもこの様なモノに目が行ってしまいがちですが、関わると痛い目を見る事は必至です。
お金を増やすどころか、減らしてしまう確率がかなり高いと言えます。
なのでハイリターンを狙うのであれば、ハイリスクも止むを得ないと考えておいた方が賢明です。
お金を増やす方法は、やり方に因ってお金を減らす方法にもなりかねませんから、十分注意して行う事が大事です。

休みの日に簡単にシフトに入ることが出来る仕事

最近の若年層の労働者はとりあえず、高卒でも大卒でも正社員になって働きだしますが自分自身のやりたいこと、そして悪寒をもっと稼ぎたいという思いを持っている場合、企業にとって認められているような副業にいそしむことが非常に多くなっています。いわゆるサラリーマンの副業です。サラリーマンの副業というと会社に隠れてこそこそ仕事をするというイメージですが私が記述しているのはそういったものではありません。逆に会社に黙って副業をしていることは今後、法的にもすぐにばれる可能性があります。それはマイナンバー制度が始まるからです。本業の方の会社にも12ケタの番号を通知することですべての所得情報をはじめとした情報が出てくることで副業が明らかになる可能性が高くなるからです。だからこそ、サラリーマンの副業は企業の倫理規定や就業規定に許される範囲で行っていくべきかと思います。
そう考えると週末に集中してアルバイトや短期派遣業務といった仕事の探し方がよいのではないでしょうか。もちろん、そこに冒頭で記載したような自分自身の未来の仕事探しややりたいことを探すための方策になるかどうかは自分自身次第です。場合によっては平日や休日を問わず、資格の勉強をしたり、人脈を広げるためのセミナー参加という手法をとったほうがいのかもしれません。
しかし、今回のテーマはあくまでサラリーマンの副業という観点ですからアルバイトや派遣業務という形があります。確かに週末となると工場勤務やオフィスワークといった業態はさすがにのぞむべくはありません。しかし、イベント会社の仕事や流通業の市gとといえば、逆にお休みの時こそ稼ぎ時であります。もちろん、求人に関しても高校生や大学生よりも社会経験のある社会人の方が好ましいという求人が多いことも確かです。こうしたメリットを生かせるのはあくまで社会人経験のある層ということになります。こうしたサラリーマンに副業は追い風の時代です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ