「2015年9月」の記事一覧

知らないときっと損をするお金を増やす方法

日本人として生まれ育った私は、バブル崩壊というものを味わったので、うまい話には必ず裏があるという思いがいつもついて回ります。
バブル期は、株や不動産などの価値が上がり、多くの方が景気の良さを感じていたと思いますが、言葉通り泡のごとくはじけ散ってしまいました。
バブルがはじけて20年以上の月日が流れましたが、いまだにその頃の記憶が残っており、勝負に出るというようなお金を増やす方法に手を出すことはできません。
バブルはいつかはじけるということが教訓としていまだに残っており、一攫千金を狙うようなことをしてはダメというような気持ちが根強く残っています。
例えば、銀行にお金を寝かせておくよりも株を売買した方が利益が出るということはわかっていても、リスクがあるということが頭から離れず、手をつけることはできません。

でも、低金利時代のお金を増やす方法としては、経済について勉強して資産運用をすることだと思うんです。
知らないからこそ怖いという気持ちが生まれるだけで、きちんと勉強をして取り組んだら怖いどころか優秀な資産運用と言えるでしょう。

ただ、この方法は元本がなければ手を出すことはできません。
というわけで、元本を貯める必要があります。

貯金を利用すれば良いわけですが、貯金を全て運用につぎ込んでしまったら、運用が失敗してしまった時に貯蓄ゼロという危機に直面してしまうので、運用できる金額というものはきちんと決めておいた方が良いと思います。

我が家の場合、現在家を購入するべく頭金を必死に貯めており、そのお金を資産運用に使うことも可能ですが、未だに資産運用の世界というのは私には把握しきれていないので、勉強をしようと思います。

上手にお金を増やす方法を知っている人を見ると、羨ましいと思いますが、羨ましがってもいられません。
知らなければ損をすることはたくさんあり、知って損をすることなんて何もありません。
経済の勉強なんて、自分とは対極の世界なのでアレルギー反応を起こしそうですが、本腰を入れて取り組もうと思います。

意識をしてお金を増やす努力をしましょう

人様の平均的な貯蓄額と自分とを見比べて落ち込んでしまうこともあるでしょう。貯金をしなければならないことは重々承知していても、思うようにお金を増やす方法がわからずに財布からどんどん消えていってしまうということもよくあります。お給料が待ち遠しい日々を送っているかたも多いでしょう。
結論からいうと、使用したお金の残りを貯金に回すというのは無理です。何となくお金を増やす方法を考えるのではなく、しっかり貯めてそのお金で何をしたいかを明確にしなければ貯まるお金も貯まりません。
そのためにも貯金の理由を紙に書き出してみるのもいいことです。将来のため、いつかの大きな買い物のため、具体的に考えてみればお金を増やしたい理由がわかります。お金はいくらあっても困りません。でもなければ困るものです。自分がどうしてお金を増やす方法を知りたいのか、一度よく整理してみましょう。
それから、お金を増やすためにはお金の使いかたを知るべきです。何に使って何に使わないべきかを考えましょう。お金が貯まらない、増えない原因は使いかたにもあります。過去を振り返って浪費してしまっている自分を反省することも大切です。
そこで知るでしょうが、案外無駄なことが多いのです。見栄のために買ったブランド品や行きたくもないお付き合いでの飲み会、ストレス解消に衝動買いしてしまった高価な品など、使わなければ貯蓄を増やせたものばかりを知ることになるでしょう。この浪費を投資に変えることがお金を増やすコツなのです。
貯金をする前に、どうして貯金をしたいのかを書きとめること、お金を使う前には使う理由をよく考えることです。当然ですが使わないお金が増えればそれを貯金に回せます。お金が増えるのです。まずは日常的にお金を使う前に考える習慣をつけましょう。それから携帯の料金プランを見直したり、もっと安くなりそうなガス会社を見つけたり、電気代を節約する方法を実践したり、そうして浮いたお金を増やして貯金に回していくことです。

誰でも出来るお金を稼ぐ方法のノウハウ

お金を稼ぐ方法の基本は、より多くの稼働時間を設ける事です。アルバイトなどで多くの仕事を行って、稼動する時間をいつもより増加させる事で、当然ながら1日当たりの日給は上昇します。世の中には様々な職種のアルバイトが存在していますが、様々な企業によって設定している時給が異なります。
仕事を行う時に、限りなく時間当たりの給料が高い事業所を選んで、勤務の時間を増やして行く事がお金を稼ぐ方法のオーソドックスな行い方です。女性ならば普通のスーパーマーケットで働かないで、夜に営業している飲食店などの給料の高い所を選んで、職種を選ぶ工夫を行う事も大事です。
普通に正社員が働いていたとしても、数年後には劇的に収入に関してアップしている可能性もあります。しかし、景気や売上などの条件で労働者によっては収入が上がるとは限らないです。つまり、人と同じ仕事をしていても劇的に収入をアップさせる事は難しいです。他人より何十倍という努力をして、スキルなどを身につけて会社に貢献して、給料をアップする事がお金を稼ぐ方法として効率的な行い方です。
経費を削減したり、フリーマーケットなどを活用して個人でお金を稼ぐ方法もあります。一般的には1ケ月に掛ける生活費としての経費を削減して、収入を上げなくても貯金の額を増やしていく事です。賃料は固定として生活費に掛かる事で仕方がないが、食費や光熱費は原則的に変動費なので、節約というコントロールを行う事で無意識的に貯金が増えていきます。携帯電話やガソリン代を極力削減して、生活に必要のない遊興費などを削減する事は、商売の知識を得てなくても誰でも出来る事です。
自分が商品を作って、フリーマーケットとして販売してお金を稼ぐ方法も存在します。画期的な商品を作ったり、多くの人から支持を持てる商品を個人的に販売する事で、貯金を増やしている世帯もあります。重要な事は、貯金などを増やしていく金額の目標をしっかりと見定めて、使用の用途を考えておく事です。

てっとり早くお金を増やす方法とは?

今、お金を増やす方法を模索しているという方も多いと思います。
今は、副業などをして、今持っている現金、貯金などを増やそうと考えている人が少なくありません。
しかし、こうしたお金を増やす方法と言うのは、なかなか難しいといわれています。
なぜなら、お金をたくさん増やそうとすればするほど、とてもリスクなどが高まってしまい、逆にお金が減ってしまうという可能性がるからです。
こうしたお金を増やす方法には、たとえば、投資信託などがあります。
こうした投資信託では、特定の銘柄に、投資家が分散して、投資をするという方法になります。
よく最近では、銀行でもお勧めをしているということが増えてきましたよね。
投資家が投資をするということになりますので、知識なども必要なく、始めることができるという方法になります。
しかし、こうした投資信託ですが、たしかに利回りなども非常に良いですし、またとてもお得な者もたくさんあり、リスクが低いものもあります。
たとえば、日本国債に投資をするというものもありますので、こうした日本国債の投資の場合は、リスクなども限りなく低いといわれています。
しかし、こうした投資信託は元本保証と言うものが一切ありません。
ですので、たとえば、利回りを受け取っているけれど、元本が減ってしまっている、ということも少なくありません。
また、もしかすると急な何かが起きて、大損をしてしまうという可能性もあるのですね。
ですので、こうしたことを考えると、リスクなどがありますし、お金を増やす方法として選んだのにもかかわらず、逆に減らしてしまうということになってしまうのですね。
こうなると本当に困ると思います。
ですので、簡単にお金を増やすことは難しいですし、逆に簡単にもうかるというのは怪しいものだと思っていいと思いますね。
インターネットでは、怪しいサイトであったり、また怪しい投資などを紹介しているところもありますので、注意しましょう。

お金を増やすためには、やっぱり収入を増やそう。

毎月の家計を見ていると、マイナスだったり貯蓄に回せるお金がわずかだったりすることはあります。つまり、お金を増やしたいと願っていても、現実はそこまで甘くはないということです。そして、お金を増やす裏技として多くの人が実践しているのが、節約だと思います。

支出を抑えることが出来れば、もちろん手元に残るお金は増えるわけなので、考え方は決して間違ってはいません。しかし、毎月チマチマと節約をして貯まるお金といえば、たかが知れています。そして、そういうお金はちょっとした入用や、イベントなどで一瞬でなくなっちゃうものです。

つまり、節約をするのも良いですが、もっと効率よくお金を増やす裏技を考えなければいけないのです。その方法を考えてみると、いたってシンプルだと思います。それは、収入を増やすことです。収入が増えれば、当たり前ですが貯蓄に回せるお金も増えます。また、そのお金を投資に回すことも出来ちゃうんです。

しかし、収入を増やすといっても簡単なことではなく感じます。今の時代は、特に先行きも不安なので各企業とも、昇給が望めないといった感じの雰囲気もあります。しかし、別の考え方をすれば、所得って増やすことが出来るんですよ。それは、副業をして収入を増やすことです。

許されるならば、空いた時間にパートを行うのも良いと思います。そして、それがだめならばネットを使って副業をするのがお勧めです。ネットを使った副業といえば、難しいイメージがありますが実は誰でもが始められます。そして、ネットの副業は自分のアイデアひとつで、所得を増やせられるのも利点です。

これにより、毎月の収入が増えれば貯金に回せるし、知識があれば投資にも回せます。つまり、お金を増やす裏技はストレスを貯めながら節約をするのではなく、副業をして増やすのが一番だということです。現在、一般のサラリーマンや主婦でも副業を行うことは増えており、それに関連した本やブログも増えているので、参考にしていってください。

学力を活かしたお金を増やす方法は家庭教師の仕事に行きつく

 学力を活かしたお金を増やす方法といえば、それは家庭教師の仕事が挙げられます。学歴社会はもうなくなったと言われて久しいですが、実際のところはそうでもないです。有名大学へ進めば一流企業へと就職できる確率はやはりアップしますし、学歴は学生の能力を示すためのファクターとしてまだまだ効果的です。それを熟知している親は、小学生の内から学歴がしっかりするように家庭教師を雇います。それは、その段階からしっかり将来を見すえておかないと、良い学歴にならないと知っているからです。つまり、家庭教師に対する需要はいまだに少なからずあるということです。ということは、学力を活かして家庭教師の仕事に就けばお金を増やすことができるのです。

 家庭教師の派遣に登録しておくと、定期的に仕事を紹介されます。そして、紹介された家の子どもと親に気に入られれば、めでたく仕事が始められます。家庭教師の仕事をガツガツやらなければそこまで負担にはなりませんので、仕事を一度リタイアしている主婦などには打ってつけです。女性ならではの当たりの柔らかさや母性は子どもに対してプラスですし、子どもの母親を安心させることもできます。

 お金を増やす方法というのは自身の何を活かすかがとても大事で、学力を活かしてお金を増やすならば家庭教師は悪くない方法です。そこでもしも高評価を得られれば、派遣する側としても他の子どもに紹介しやすくなります。それはつまり家庭教師としての実績が備わってきているということで、さらにお金を増やすことも決して夢ではないのです。

 きちんと労働した成果としてお金を増やすわけですから後ろめたさは何も感じなくて良いわけですし、勉強のできなかった子どもができるようになればお金のことを抜きにして嬉しいことです。ドーンと一気にお金が増えるわけではありませんが、着実に仕事をしていけば必ず増えていきます。ですので、学力を活かしたお金を増やす方法は家庭教師の仕事に行きつきます。

お金を得るために必要になるスキル

仕事が見つからないときには、まずメインとなる仕事を探すことが重要になります。そこから先を見据えて自分の将来の貯蓄を考えて行く事になるのですが、その時に一つ考え方を変えて、特定の企業に就職しないで収入を増やす事ができないかと考慮してみることです。

最近は自宅にいながら収入を得る方法が流行っていて、やり方によっては特定の企業に勤めることなく多くの収入を得る人がいるのです。このあたりのお金を増やす方法は、ネットで情報を集めていくといろいろと見つかってくるのでこれを参考にしながら、自分にできる方法を探していくのです。

効果的な仕事は、作業のコストを重視する方法です。特に問題になるのが、作業場と自宅を行き来する時間です。この時間が無駄だと感じる時には、自宅の中に作業場を設けて仕事を在宅ワークの状態でするのです。

この考え方で、毎日の作業時間が大幅に確保することができるのです。この時問題になるのは、作業に集中しすぎると規定の時間を超えても仕事をする事になる場合が多いことです。

そして、逆の考え方としてはプライベートな用事がそのまま仕事の時間に食い込んでしまうことです。自分の考え方としては仕事中で集中しているとしても、友人や親戚などは自宅で遊んでいるとしか思わないので、プライベートのイベントがいろいろと出てくることが多いのです。

そうならないためにも、時間の使い方をきっちりと分けて考える事が大事です。お金を増やす方法の根本的なポイントは、作業をする時間をどれだけ確保できるかとなります。

作業の方法や段取り、スキルアップの方法や必要な道具などは、すべてネットで情報を集めれば揃うことが分かっています。なので、自分のやる気と好きなジャンルを特定すること、そして、ライバルたちに負けないようなメリットを見つける事です。

お金を増やす方法は、重労働をして汗を流した分だけ収入を得るという基本的な考え方を忘れずに、より効率的な方法を見つけていくことになるのです。

お金を増やす方法の大切さについて

お金を増やす方法はけっこうたくさんありますが、そのどれもが難易度の高いものであり、なかなか素人に手を出せるものではありません。お金を増やす方法としては、まず株があります。お金を増やす方法としての株は、しかしながら、地獄への道であることも少なくありません。
FXでは借金地獄に陥ることも少なくありません。一昨日や昨日の株価は乱高下を繰り返しておりました。千円くらい下がったと思えば、千円くらい上がるというような感じであり、これは素人には極めて厳しいものです。こういう乱高下に堪えられるのはプロしかいないのではないでしょうか。私なんかでは、ちょっと手を出せない相場になってきたと言わざるを得ません。もちろん、アベノミクスで潤っている人もいるのでしょうが、それは大概、金持ちです。お金があるからもっとお金持ちになれるという資本主義の原理に則っているだけです。
そんなにお金のない状況から、お金のある状況にステップアップするというのは容易なことではないと言えましょう。巷にはどうやればお金を増やせるかということを指南している人がけっこういますが、お金を増やすには、そういう人の言っていることに耳を傾けないということがまず大事でしょう。
しかし、では自分が頼りになるかと言いますと、決してそうではないというのが頼りないところであると言っていいでしょう。とはいえFXではなく、単なる株であれば、長期的に見てそれなりに設けるというのはそんなに難しいことではありません。
私の母は高卒ですが、それでもけっこう株で儲けております。とにかく金運だけはいいという感じであり、羨ましい限りですが、母は景気をけっこう読む力があるようです。しかし、アベノミクスでは読み損ねてしまったようで、ちょっと金をすってしまいました。そういう次第ですから、いかに金を増やすのは難しいかということについては、私は詳しいわけです。できれば金を儲けたいものです。

日経225先物取引はサラリーマンに最適の投資方法です

私は副業として先物取引に取り組み始めて5年が経ちます。最初は損をしてばかりの先物取引でありましたが、最近では安定した収益を出せるようにもなってきました。日本経済の先行きの暗さや、近い将来の年金崩壊を思えば、平凡なサラリーマンが本業だけに頼るのはリスクが大きすぎます。今や副業でお金を稼ぐべき時代なのです。そして、サラリーマンが副業としてお金を増やす方法は投資以外にないのではないでしょうか?

一口に投資といっても、その内実は様々です。株式投資やFX投資、不動産投資、バイナリーオプションといった様々な投資方法があり、そのどれをとってもお金を増やす方法としては優れたものです。どれを選ぶかは各人の自由。自分の知識や経験、経済力に合わして、最も収益を見込める投資に従事するといいでしょう。私の場合は、日経225先物取引を自らのお金を増やす方法として選択しています。

なぜ、日経225先物取引が私に相応しい投資手段なのか?それには3つの理由があります。まず1つめは、日経225先物取引が自由な時間帯に取引可能ということです。たとえば株式投資市場は朝の9時に開き、昼休みを挟んで、午後の15時に閉じられます。サラリーマンとして日中に働いている身分としては、この時間帯に取引することは困難です。しかし、日経225先物取引ならば、朝の9時から真夜中の3時まで市場が開いていますから、サラリーマンが仕事を終えて帰宅した夜間にも取引することができます。この取引時間の自由度の高さは、サラリーマンにとっては大変魅力的です。そして次に、日経225先物取引が少ない資金で大きなお金を動かせるデリバティブ投資であるということです。株式投資は元手がなければ大した利益は上げられませんが、先物投資であれば数十万円の資金であっても、副業としては十分すぎるほどの収益を見込めます。貧乏リーマンにとっては願ってもない投資方法なのです。そして最後に、日経225先物取引が取引する指標がシンプルであるということ。株式投資の場合は、個々の会社の業績を勉強しなければ投資先を決めることすらできませんが、日経225先物投資の場合は、日経平均株価指数を売買する取引なので、個々の会社について勉強する必要はなく、日本経済の大まかな流れだけ把握しておけば問題ありません。市場分析の労力を省けるのは、忙しいサラリーマンにとっては助かります。

このように、日経225先物取引は、日中を忙しく働くサラリーマンにとっては、理想的なお金を増やす方法なのです。もちろん、投資にはリスクがつきまとうものですが、今はリスクを背負わなければ生き抜けない時代です。自分の未来を自分自身で守るためにも、サラリーマンならば、一度試してみる価値のある投資方法だと思います。

定期預金は確実にリスクなしでお金を増やす方法

お金を増やす方法を誰もが考えますよね。ただ、だいたいリスクが付きまとうので、上手くいかない。または挑戦する気になれないので、普通に働いて収入を得るという方法を選択している人が多いです。ただ、世の中にはローリスクローリターンのお金を増やす方法もあります。それはほとんどリスクはないです。その代わり増える量も少ないですが。でも、リスクがほとんどないならば、増える量が少なくても、やらないよりは絶対にマシですよね。それが定期預金になります。定期預金って、あまり馴染みがないかもしれません。多くは普通預金を利用していると思うので、定期預金って何?という方もいるかもしれないからです。普通預金との違いを説明すると1番分かりやすいのではないでしょうか?普通預金というのは、いつでも預けられて、いつでも下ろすことができる預金で、逆に定期預金はいつでも預けられるが、下ろすことは自由にはできない。一定期間は下ろさないことを前提とした預金方法になります。これだけ見ると、定期預金にメリットなんかあるの?と思うかもしれませんが、普通預金にはないメリットは利子が高いということです。高いところは、年間で0.3%とかつきます。これでも1000万円預けて年間3万円くらいなので、旨味は少ないですが、銀行に預けているだけで勝手にお金が増えるわけですから、リスクがほぼないという意味では、年間で3万円でも増えれば全然違いますよね。年間で3万円増えれば、ちょっと安い旅行に年間1回行けるとか、そういったことができるわけですから。普通預金の場合は、利子はがついても0.1%を越えることもほぼないですから、そう考えると、一定金額は自由に下ろせる普通預金に預けて、残りは全部定期預金に預ければ、自動的に寝ているだけでお金が増えていきます。お金を増やす方法としては1番安全な方法といえるかもしれません。金額があまり増える場合には、銀行を変えて2箇所以上に預けた方が良いかもしれませんけどね。定期預金は旨味は少ないですが、知っているとお得ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ