「2015年8月」の記事一覧

貯金箱の活用とバイトすること

お金が増えたらどんだけ嬉しいか、そんなことを夢見てしまうことがありますし、実際に夢の中で億万長者になる夢を見たことのある人もいるかもしれません。そんなサクセスストーリーは極まれにほんの一部の人たちが経験しているものであり、親譲りのものも多いのです。とはいえ、毎日の生活を必死に乗り越えて生きている人たちにはお金を増やす方法を知ることは切実であり、どうにかしたいと思っているのは確かです。簡単に稼ぐ方法はないので堅実に少しずつ貯めていくことができるのです。

その点で実に古風な方法かもしれませんが、貯金箱を置いてそれを使うようにすることは確実にお金を貯める方法です。10万円貯まるとか、30万円貯まる貯金箱などの商品を見たことがあったかもしれません。以前は確かにそうしたものを活用する人が多かったのですが、最近そうした貯金箱を利用する人はほとんどいない現状があるかもしれませんが、今でも現実的なお金を増やす方法の1つなのです。基本的には小銭を入れていくことになるとは思いますが、500円や100円に限定して財布に小銭があれば入れていくのです。それを続けていけば1年でどのくらい貯まるのかということを計算してみれば、確かに貯金箱というのは古いやり方かもしれませんが、今でも通用するのであり、その貯金箱がいっぱいになることの喜びを経験することになるのです。ただこの方法は性格的な問題もあり自分にはそうしたことができないと思う人もいますので、そのような人は別の方法を考えていくことができるのです。

他にお金を増やす方法としてはバイトをするということかもしれません。これも実に正統派のやり方ですが、問題が少なく収入が入ることが計算できる確実な方法なのです。今仕事をしていないのであればパートタイムでの仕事を探せるかもしれません。またすでにパートタイムの仕事をしているのであればその時間を増やすこと、またもっと時給のよい仕事に変えることができます。一生懸命働くことで時給はアップしていき、お金は増えていくのです。

お金を増やす方法について考えてみた

現在のわたくしは若干30歳。人生においては駆け出しの段階であり、諸先輩の指導を仰ぎながら仕事に邁進する日々である。プロフィールとしては妻子あり、家は賃貸、某クルマ会社の事務職で夢のマイホームを持つ事が当面の目標である。
子どもとの触れ合いや、お客様との何気ない会話に幸せを感じる日々であったが、そんなわたしに、刺激的な出来事が起きたのだ。
大学時代の友人が、投資で稼いでいるというのだ。昔から流行り物には目が無い奴だったが、世間で話題のお金を増やす方法に色々挑戦しているようだ。奴は独身なので、余銭は持っていてもおかしくはない。貯金を寝かしておいても、今は利子など無いに等しい。賢く転がしてお金を増やす方法を考えようと思うのが順当とも言えよう。
今やっているのはネットを使ったFXだそうだ。と言っても副業としてやっているので何時でも動けないのがネックの様だが、それでも少しずつお金を増やしていると言う。
自分には給与以外にお金を増やす方法はないと思っていたが、奴の話を聞いて、そんな思い込みに少し風穴があいた気がした。しかし自分が自由にできるお金など全くない。全て、夢のマイホームと子どもの教育資金へと流れている。残念ながらFXに挑戦と言うのは当面は無理であろう。しかし、どうやら今は新しい形でのお金を増やす方法が他にもたくさんあるようだ。友人を見習って、諦めずに何か良い方法がないか探してみることにした。そして見つけたのが、ネットで行っているデザインコンペである。
実はわたくしは絵を描くのが得意で、大学は美大を検討した事もあった。趣味でコンピューターグラフィックも描いたりしていた。デザインコンペなので、確実にお金を増やす方法とは全くかけ離れた話だが、デザインと聞いたらなんだかワクワクしてきたのだ。このような新鮮な気持ちは久しぶりの感覚だった。家族や家のせいにして、何か大切なものを忘れていた気がした。デザインコンペなら、お金をかけずに稼げる可能性がある。その可能性は無限に少ないが、デザインする喜びは無限大に広がっている。まずは、ある会社のロゴとイラストのコンペに応募してみようと思っている。

マンガ雑誌の創刊号を用いてお金を増やす方法

 私の友人が、お金を増やす方法についてちょっとした小話をしてくれました。それは、マンガ雑誌の創刊号が出たらそれをとりあえず買っておくという方法です。その方法の何がお金稼ぎになるのかというと、その創刊号の中に世間を騒がせるような人気作品が収録されていた場合、後々高値で取引される可能性があるということです。

 紙媒体のマンガというのは電子の波が押し寄せている今の時代でも根強く人気があり、特定の作品のファンが常にいます。それらのファンはコレクターと化すことが多いため、ファンアイテムを持っていればそれを元にしてお金を増やす方法が実現します。

 マンガ雑誌の創刊号というのは、価値があることを知らず保管しないで捨ててしまう人も多くいます。そうすると市場に残る数は激減していき、だからこそその価値はグングンと高まっていきます。価値がグングンと高まっていけばそれだけ高価取引される可能性は高くなるわけで、買ったときの値段は数百円でも売るときにはそれが十倍、時には百倍くらいの値段をつけることもあります。

 マンガ作品の中には一定の頻度で映画化されたりなどするような大当たりの作品があります。それらのマンガが単行本化されればもっと人気が出ていくわけですが、それにも増して希少価値の高い雑誌というのはコレクターにとって垂涎の価値があります。

 それらをネットオークションに出品しておけば、勝手に高値がついて取引が成立します。これはいってしまえばせどりの一種ですが、たとえ本格的にせどりをやらなかったとしてもピンポイントでお金を増やす方法としてとても有効です。

 若い人ならば特にマンガ好きな人は多いでしょうし、これからの時代に対しても意外に合っています。それができれば良い小遣い稼ぎになりますし、大量に買っておけば一攫千金も決して夢ではありません。お金を増やす方法としては少し長期的な視野になるのでそこは難点ですが、それでも儲けられる可能性は十分あります。

漫画みたいにお金を増やす方法があればいいのに

通貨とは不思議なものである。食べ物のように、体の中に取り込んでエネルギーにすることはできない。車や電車のように、乗って移動するという便利さもない。ただの紙切れや金属のかたまりでしかないし、いまや画面上の数字にまでなろうとしている。それなのに、なぜ世界中の人々が、毎日のようにお金を増やす方法を探すことに夢中になっているのだろうか。
このような仕組みがあるおかげで、人間の生活が豊かになり、幸せになったことは事実だろう。だって、果物や野菜と違って、どんなに長期間保管していても腐って食べられなくなることはないのだから。あのぺらぺらした紙を持ってレストランに行けば、誰だってできたての料理を口にできるのだ。ならば、お金を増やす方法が簡単に見つかれば、世界中のみんなが幸せになって、貧困に悩まされることもなくなるのに。
気難しい人々は、経済の理論やなんかを持ち出して、私の考えは絵空事だと言うだろうでも私は、漫画みたいにお金を増やす方法があればいいなあとどうしても思ってしまう。そう、日本の子供なら誰だって知っている、あの漫画だ。あの時は、何かのお菓子を多くするという話だったけれど、時間が経つごとに倍になったあのお菓子は、誰のお腹にも入りきれなくなって、ついには宇宙に送り出されてしまった。みんなが喜ぶものが余ってしまうなんて、なんと贅沢な悩みだろうか。
私だって一応は大人だから、夢ばかり見ているわけにはいかない。もっとしっかりと、お金を増やす方法を考えなければならない。でも、意外かもしれないけれど、昔よりははるかに手軽に、誰でも実践できるお金を増やす方法が世の中に出回るようになった。きっとインターネットのおかげなんだろう。だって、画面に何か入力するだけでプレゼントキャンペーンに応募できるし、ちょっと文才やデザインがある人ならば、パソコンを経由して働くことができるし、それで報酬までもらえちゃうんだから。だから、私が理想とする漫画の世界はまだ遠くにあるけど、少しずつ近づいているのかもしれないな。

基本の株式投資でお金を増やしましょう

お金を増やす方法で真っ先に頭に浮かぶのがやはり王道の株式投資ではないでしょうか。
10年ほど前からネットで口座を開いて簡単に株式投資が誰にでもできるようになりました。
そして数年前から始まったNISA(ニーサ)では、一定以内の金額であれば儲けが出ても税金がかからない非課税枠が出来るようになり、よりお金を増やす方法としてふさわしい存在になったと思います。
ではどうすれば株式投資をお金を増やす方法として扱う事ができるでしょうか。
まずは「株主優待」をもらいます。
株には株主優待が付いているものもあり、金券や割引券などもあります。
金券ショップでお金にすることもできますので、換金率が高い株主優待を狙うといいでしょう。
次が「配当」です。
会社が儲けたお金の一部を株主に還元するのが配当で高い所では4%以上の利率が付くものもありますので、見逃す手はありません。
さてこれらのほうっておいてもついてくる儲けもありますが、やはり株式投資の儲け方の王道は所有銘柄の株価の上下による差額を儲けるという方法です。
まずは基本ですが株価が安い時に買って高くなったら売るという方法があります。
「順張り」とも呼ばれる方法で株式投資の基本的な方法です。
他の同じような銘柄に比べてなんだか一つだけ株価が安めになっている場合はねらい目になります。
それは「出遅れ株」といって、他の銘柄に比べて知名度が低かったり地味だったりして見逃されている株です。
しかしその銘柄の会社の経営などに問題がない場合はそのうちに他の似たような株、同業種だったり同じ業界だったりするものと同じような値が付くことが多いので狙っていきましょう。
次にそれとは逆で、同じような業界の株なのに一つだけ変に高値がついている株を狙います。
これはいつか下がってくると予想できるので「売り」から入ります。
そして狙い通りの株価まで下がった時に買い戻すと下がった分の金額が儲けになります。
売りは少し高度な戦法ですので、株式投資に慣れてから扱うようにしましょう。

広い視野を持って探すべきお金を増やす方法

お金を増やす方法は、広い視野を持って探すべきです。なぜなら、どのような方法でお金が増えるのかは実際に試してみなければ分からないからです。方法を知った時は、このような方法で儲けられるわけがないと考えていたとしても、試してみると儲けることができたという状況になる可能性はあります。ですから、まずはどうすればお金を増やすことができるのかの方法を探してみることをお勧めします。

お金を増やす方法を知った後は、その方法をできる限り実践します。実践する中で自分にできそうな方法、可能性があると感じた方法が分かるようになるので、後は力を入れるのみです。しかし、力を入れたからといって必ず成功するとは限りません。時には失敗してしまうことはあります。可能性が見出せないと判断した時は、早めに撤退する必要があります。

もちろん、可能性を見出せない中でも継続していれば良い方向に進むことができることはあります。しかし、他にも試したい新しいお金を増やす方法がある場合は、そちらを優先する方が可能性は高いと言えます。広い視野を持つということは、例えばテレビや新聞、インターネット、書籍などから情報を得る方法のほか、会話をすることも広い視野を持つためには魅力的な方法です。

家族や恋人との何気ない会話や職場の同僚や上司、取引先との会話など、改めて考えると普段の生活の中で会話をしている機会は多いものです。このような会話をすることで、お金を増やす方法を知ったり、気付いたりすることがあります。また、日記を書くこともお勧めです。日記はその日、その時に思ったことを書くものです。後で読み返すとその時の自分の考えが分かります。その時の考えと今の自分の考えは、同じこともあれば違うこともあります。その時の自分と違う考えを持っている場合は、それが新しいアイデアになる可能性があります。新しいアイデアは、お金を増やす方法に繋がったり、関係があったりなど、良い方向に働く場合があるのです。

Fxでお金を増やそう

手っ取り早く「お金を増やす方法」があるとしたら、それはFxをおいて他にありません。3年前のドル円はのレートは80円くらいでしたが、今や124円。わずかばかりの年月のあいだに、眼を見張るような円安化です。しかも、これで終わりではない。著名なエコノミストたちは、この円安傾向はまだまだ続くといっています。それなのに、指を加えて眺めているのは実にもったいないことです。他に「お金を増やす方法」が思い当たらない方は、是非ともFxを始めてみましょう。

今や、国民の一人ひとりが、本業以外の「お金を増やす方法」を自ら発明しなければならない時代となりました。なぜなら、アベノミクス以降、実体経済はむしろ悪化しているからです。儲かっているのは大企業だけといっても過言ではありません。その証拠に、先日発表された実質成長もマイナス1.55%です。経済はちっとも回復していないのです。では、なぜ日経平均株価指数は3年前の8千円から2万円台まで回復したのでしょう?それは、日本銀行が政府の命令でバンバンお金を刷って、円安にしているからです。円安になればなるほど、円の価値はドルやユーロといった世界主要通貨に対して相対的に低下します。つまり、日経平均が2万円といっても、円の価値が低くなっているだけのことで、この数値は正確に実体経済を反映しているとは言えないのです。この現状分析から導き出される結論があるとすれば、日本経済の未来は明るいとはいえないということです。だからこそ、のんびりしていてはいけません。資産運用をして、将来に備えなければならないのです。政府もそれを承知ですから、NISAという制度をつくり、国民に投資を促しています。このメッセージを聞き逃してはいけません。

Fxを始めましょう。Fxは株式投資と違って、小さな資金から始めることのできる投資法です。日本銀行の黒田総裁は、折にふれて、物価指数が2.0%になるまで、金融緩和を続けると明言しています。円安はまだまだ続く見込みが強いのです。したがって、私たちはただ円を売ればいい。それだけで資産を増やすことができるのです。率直に言って、現在は為替史上、稀に見る簡単なステージです。円安にベットするだけで勝利が約束されているのですから。こんなに簡単にお金を増やす方法はないでしょう。将来の自分の生活を守るためにも、是非ともFXを始めてください。

お金を増やす方法には捨てられる予定の物を売るというのもある

先日、ゴミ屋敷と呼ばれている家に住んでいる主人が、一見するとゴミに見えるものを資源と言っていた。これに対して大半の視聴者がどう思ったかは知らないが、私としては納得させられる物があった。そう、確かにそれは資源だろうという訳だ。

街で捨てられている物の内、完全に転売が不可になっているものは案外少ない。お金を増やす方法は幾らでも存在しているのだ。例えば家電であるが、これらはほんの少し修理をするだけで使えるものが大半である。製品を構成する部品の中で、1パーセントにも満たない部分の故障によって捨ててしまうのはモッタイナイとしか言いようがないのだが、それが現代日本の一般的な感覚なのである。

これに関しては多少の技術があれば修理して売るというビジネスが成立するはずだ。その様な技術が無いのならば、そのまま売ってしまうのもありだろう。現に中古品を取り扱う企業ではジャンク品と称して、このような本来使えなくなっている製品を売っているのである。そういう現実を見ればゴミ屋敷の主人の発言も、あながち否定できないのである。

そしてさらに、有効なお金を増やす方法があるのだが、ご存じだろうか。それは切り抜きである。捨てられている雑誌の運命は、その多くが燃えるゴミになるか、若しくはリサイクルされるかのどちらかだと思う。しかし、ここに第三の選択肢が生まれるのだ。主にタレントの写真が掲載されているページをキレイに裁断して保存しておくのである。それが、ある一定量溜まれば売れるだけの価値を帯び始める。

これを売る相手を探すのは一昔前であれば困難を極めたが、今は幸いインターネットという武器が存在しているので、これを利用しない手は無い。お金を増やす方法はネットの普及によって爆発的に増加したのである。ただ、これを活かせるかは結局は個人のやり方次第という事になるだろう。言えるのは才能よりも努力が大切だという事、つまりはアナタにもチャンスありなのである。

誰でも簡単に出来るお金を増やす方法を実践しよう

今持っているお金を増やしたい。そう思っている人はとても多いことでしょう。お金を増やす方法を考えると、真っ先に思い浮かぶのは、宝くじや株です。それらに共通する点としては、今持っているお金を使って、増やすということです。しかし、宝くじや株にはリスクが大きいです。宝くじを何枚も買ったけれど、1枚も当たらないということは、ざらにあります。株も買ってはみたけれど、素人が儲けるというのは容易なことではありません。
そうやってリスクばかり言っているのでは、お金を増やす方法なんかないんじゃないかと、不安になってしまう人もいるかもしれません。しかし、今持っているお金をわざわざ使って、更にお金を増やすという方法にリスクがあるのは当たり前です。当選確率100%の宝くじならば誰でも買いますし、絶対に利益の出る株なんかも買ってしまいます。実際にそんなものはないのですが。
リスクを避けながらお金を増やす方法というのは、ちゃんと存在しています。それはとても簡単なことではありますが、お金をそもそも使わないということです。仙人のように霞を食って暮らせというわけではありません。資本主義社会の中、現代人は大量消費を当たり前のように行っていて、とても無駄な買い物が多いです。それを見直すだけで、劇的にお金というものは手元に残るのです。
毎日たばこを買うという人はいませんか。それだけで1日数百円、月にすると1万円にも及ぶ出費です。1万円を稼ぐ労力は人それぞれでしょうが、多くの人にとっては楽な労働時間ではないはずです。タバコの本数を減らすだけでも、月にいくらかの出費は減るので、それでお金が増えたも同然です。コンビニで、おにぎりや飲み物を買っているという人も、余分なお金を使っていることになるので、お金を貯めたいならば、行く機会を減らすことが大事です。
お金を増やす方法としては、節約を実践することが手っ取り早いです。楽に手元のお金を増やしましょう。

効率良くお金を増やす方法とは

会社に勤めていて給料をもらっても、結局お金が溜まらないという方も多く、貰った給料は全部使ってしまったり、一時的にお金を貯めても何か必要になれば全て吐き出して使ってしまうという例が多く、中々お金を貯めていく事が出来ないものです。

借金を行っていれば利息負担もつけて返済する必要がありますし、子供の教育や住宅ローン等、常に出費が必要になる場面も多いものですから、お金を増やす方法を活用していかないと、効率良く貯めていく事も出来ないものです。

自分が一体何にお金を使っているかも解らないのに、お金が増えていかないという場合もあり、元々日本ではお金に対する教育が無い国ですから、お金を増やす方法を教えてくれず、むしろ節約が美徳で働いて貯金する事が主軸になっている傾向にあります。

自分で稼いだお金は、お金に働いてもらって効率良くお金を増やすという考えも必要であり、元本保証の場合は定期預金等がありますが、あまりにも利率が低すぎて、大きなお金を預けても殆ど利息も付かずに安全に僅かに増やす事が出来るものの、やはりリスク管理をしながら株式や通貨取引、不動産投資等を行う事は有効です。

リスクが高い金融商品というのは、リスクの高さの分だけ利率が高く、上手く運用出来ると稼ぐ事が出来ますし、働いて得たお金をさらに増やしていく事にもなり、投資というのはギャンブルではなく、キチンと行うとより価値の高い場所に自分のお金を移動させていくという交換作業とも言えます。

お金を増やす方法というのはこの交換作業が必要であり、実際の価値よりも低く見られている金融商品に投資して、適正値に来た時には売却したり、株式投資でも応援したい事業にお金を預けて、それを役に立ててもらう事で利益を産むと、投資額に応じて還元される事になりますから、貯め込むだけではお金を増やす方法としては弱く、世の中にお金を循環させていく事で利益を産めばその恩恵を得られる投資を行う事は有効です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ