「2015年5月」の記事一覧

ネット副業って調べてみると色々ありますね

 ネット副業をしてみようと思いました。日中の空いた時間で少しのお小遣いが出来ればいいなぁと思って、手始めにポイントサイトに登録してみました。
 この時点で、間違いに気が付きませんでした。
 ネット副業について、色々調べてみたらアフィリエイトサイトに最初から登録したほうがいいんですね。アフィリエイトの事は、某ショップでも宣伝とか出ているので知ってはいました。でも、なんか敷居が高そうで始める事を決断出来ませんでした。
 なんと、アフィリエイトのASPに登録してからポイントサイトに登録って順番が良かったみたいです。ASPって広告主さんで、登録してもアフィリエイトを絶対やらなくちゃいけないという事じゃないんですね。登録したら、アフィリエイトしなくちゃいけないと思っていました。とんだ勘違いでした。
 色々なアフィリエイトのASPがあるようです。大体のASPでは、アフィリエイトをしないでASP経由でサイト登録したり、お買い物をしたりすればキャッシュバックになるんです。結局は、ポイントサイト経由して、お買い物するのと同じ事ですよね。ポイントサイト経由だと当然ポイントを貯めるわけですが、なんかネット副業しているなんて実感が湧かないんですよ。キャッシュバックの方がいい感じです。少しでも、ネット副業をしている実感を味わいたいならASP経由でキャッシュバックがいいですね。
 現実的には、お買い物ばかりしているわけにもいかないので中々副業とかいうレベルには達しません。でも、お買い物する時には、かならずASPを調べてからするようにしています。特に、大きなお買い物をする時には気をつけるようにしています。うまくASPに、その商品があればキャッシュバックも大きいですからね。無料サイトの登録とか、資料請求などでも%は小さいですけどキャッシュバックつきますね。
 初めから大きな事を考える必要はないですよね。
 ちりも積もれば山となるで、小さな「お得」を積み重ねればネット副業と呼べるのではないでしょうか。
 

最近流行っているバイナリーオプションとかいうやつ、危険だぜ。

タイトルとおりです。最近流行っている、というか巷で話題になっているバイナリーオプションとかいうシステム、あれ大変危険なものですよ!FXというものは通貨をやりとりしているわけです。みなさん当然ご存知ですよね?いろいろな国の通貨をいろいろな国の通貨で買ったり売ったり、安い時に買った通貨を高い時に売ることができればその差額分、業者に差し引かれはするものの利益が出る。FX取引というのはそういうものです。だが先ほど名前を出したバイナリーオプションというヤツはそんなの関係ないんですよ。人はただ高くなるか安くなるか、これを選択するだけなのです。パソコンの前に座って市場の流れだったり、政治の動向だったりとそういったものを全く見る必要がなく、ただ安くなるか高くなるかを選択するだけです。まったく知識が無い人からしたらとても簡単な取引に見えるし、簡単に利益が出せそうに見えます。だってただのハイローギャンブルにしか見えないのだから、FXを究極的に簡単なものにしたらこういう形になるかもしれないなあ、なんて妄想を具現化させたようなものですからね。ですがこのバイナリーオプションというもの、FXに詳しい人間であればすぐにものすごくリスクの高い危ないものだってすぐにわかるんです。それを今ここで説明してもいいのですが、半端に説明するだけではおそらく批判を食らうのであえてここでは説明しません。ですが私は安易にこのシステムを利用してFXに参戦しようとする人に警告したいです。私たちFXで食べてる人間がどれだけ勉強してもどれだけ注意して市場を読んでも損を大きく出すのです。ものすごく頭がよくて、FXで食べていこうと自身満々だった人間がひと月後には自身を失い廃人同然となってしまうのがFXです。そんなFX業界で、ハイかローかを予想して簡単に利益が出せると思いますか?簡単そうな取引だからと手を出してこのさきの人生を失いたいですか?そんなにFX取引がしたいですか?私としてはバイナリーオプションに手を出すくらいなら一からFXについて勉強して普通に挑戦したほうが絶対にいいと確信しています。どうか騙される人が少ないことを祈るばかりです。

通勤時間が勿体無くて、記事作成と在宅ワークを選びました

実は私の住む所は、最寄の駅からは車でも30分、自転車だと40分はかかる不便な地域になります。

車の免許を持っていてかつ車があれば良かったのですが、その地に移り住む時期に出産間際だった~と言う事もアリ、タイミングを逃したのです。

路線バスも一応通ってはいるのですが、1時間に1本または2時間に1本しか通らないと言う、かなりローカルな路線なので、時間に間に合わなかったりして乗り遅れたらかなり待つ事になりますしそれに、片道のバス代もかなり高いので、しょっちゅう利用しにくい現状があるのです。

そんな中で通勤してバイトやパートに行くのがちょっと面倒と言うか、仕事先でたとえ交通費が出たとしてもその通勤時間を返してくれるわけでは無いと言う事もあり、私は在宅ワークと言う手もあるんじゃないかと、自宅で出来る仕事を模索し始めました。

ちょうどその頃、クラウドソーシングなるネット上でやりとりが完結して作業を出来ると言う作業形態が普及し始めていました。

私は迷わず登録し、記事作成と言う在宅ワークに踏み込んだのです。

昔の内職の様に、封筒に宛名を一件書いたら10円~と言う様な安値では無く、1回数百文字以上の文章作成して送信するだけで、100円~から貰えると言う事で、私は躍起になって始めました。

これはやればやっただけ稼げてしかも、稼いだ額が目に見えるので更にヤル気になれます。

また、文章を作成すると言う事は、どこに行っても通用すると言うか、ブログやサイトまたは何かの紙面にりようされたり~と利用価値が高いジャンルと言う事で、作業依頼も多い仕事だと感じました。

近所に住む主婦の人で、やはり在宅で出来る仕事を探している~と言う人にこの在宅ワークを紹介してあげた所、簡単な文章作成なら出来るからやってみたいと言ってくれました。

ただ、1件当たりの単価が高い案件になると、高度な文章作成の能力を求められると言う事であまり手が出せないと言って居りました。

ので、文章作成の仕事は、やりたい人が全員出来る仕事では無いのかも知れません。

ただ、ちゃんとした文章が書けて、しかもヤル気がある人なら、書いたら書いた分だけ稼げる仕事なのでお勧めです。

ネット副業に力を入れている人はこうも違うもの

こないだちょっと仲の良いネット副業仲間の家にお邪魔したんだ。そしたらさ、同じ内容の仕事をしている私と違って、なんというか立派なんだよね。設備的にもそうだし、その取り組む真摯な態度というか全然違ったよね。

たまたま仕事のメールが届いていたから見ていたんだけどね、急ぎの案件だったらしく、家に来てもらって悪いけど、ちょっとこの仕事をやっちゃうねと言われた。それで、興味もあったし、気にしないで仕事していいよと伝えて、見ることにしたんだけど、呆然としちゃったよ。

なんというかまずパソコンの反応が全然違うんだよね。同じ内容の仕事なんだから毎日毎日、私もこなしているわけ。嫌でも気づいちゃったね。自分の使っているパソコンの処理速度って、かなり遅いんだなって。3年前に買ったそれなりのノートだったんだけどね。

そのネット副業の友達のパソコンはなんか箱っぽい感じのどっしりしたやつ。ノートのほうがスタイリッシュでカッコいいと思っていたけど、速さが段違いにキビキビしてた。聞いてみるとデスクトップとかいうやつのほうがやっぱり全体的にスペックが高いらしく、仕事をするにはこっちのほうがいいんだってさ。なるほど、デスクトップというのか。ってそっちじゃないよ問題はね。

あと画面があるでしょ。それが2つあって片方に仕事の案件のための情報を映しながら、もう片方に仕事用のエクセルのみを映した画面があって、これは眼から鱗。私はちまちま切り替えながらとか、1つの画面に無理やり2つ出してたりしてたから驚いちゃった。

そして、本人の仕事っぷりがテキパキしていて、これも大きな驚きだったよ。なんというか人間なのに機械的というか、無駄がない動きなんだよね。仕事を始めたら終わるまで仕事のみというそのブレない姿勢がすごかったよ。渡しの場合、参考資料など眺めているとついつい、資料以外のものもチェックし始めたり、脱線しちゃうからね。

ネット副業でも本人の取り組む意思で全然違うんだなって勉強になったな。私ももう少し頑張ろう。

在宅ワークをするならバソコンを買った方がいいかも

在宅ワークを始めようかとお考えの人がいるなら、バソコンを買い換えたほうがいいかもしれませんよ。私のことをお話しすると、ずっと使っていた古いパソコンで在宅ワークをしていたのです。お金が無いから新しいパソコンを買うことができなかったわけなんです。もう、とても古いパソコンなので、遅くて遅くてしょうがありませんでした。それに、インターネットをしていても、ブラウザのタブをたくさん開くなんてことをしてしまったら、遅くてやっていられませんし、複数のアプリケーションを立ち上げるなんてことも、できるだけ避けるようにしながら使っていたのです。動画なんて見ようものなら、カクカク、飛び飛びで再生されますから、さっぱり動画を見ようなんて気になりませんでした。そんなパソコンを使いながら在宅ワークをやっていたのです。それでもがんばって、少しずつお金を貯めていました。
ところが、もうついにそのパソコンではどうにもこうにも、普通のことすら普通にできなくなってきてしまい、私もついに我慢の限界を迎えたのです。「もう新しいパソコンを買うしかない」と。しかし、本当に新しいパソコンを買うお金はありませんから、中古を買うことにしたのです。中古のパソコンなんて、ものすごく心配だったのですが、安いけど希望に近い性能を持った中古のパソコンをAmazonで買いました。するとどうでしょう。仕事の能率が100倍くらい良くなったような感覚になるほどになったのです。もちろん100倍というのはオーバーではあるのですが、気持ち的にはそのくらいでした。パソコンがこんなに快適なものだということを忘れていましたね。インターネットがこんなに速いのだということも思い出しましたし、動画ってこんなにスムーズに見ることができるのだということも実感しました。これだけ速くなると、仕事をこなすスピードも100倍はオーバーだけど、20倍くらいは本当に上がりました。購入したパソコンの費用は、ほんの数日で稼ぐことができたのです。こんなことなら、もっと早くパソコンを買っていればよかったです。

止まらない仕事の在宅ワーク化の流れの中で望まれること。

最近の急速なインターネット環境の整備に伴い、仕事を家でなさっている方も珍しくなくなって来ました。
昔は造花づくりなど地味な内職くらいしか種類が無かった在宅ワークですが、最近は様々な種類が見受けられるようになりました。
特にインターネット関連の職種の増加は目を見張るものがあります。
メディアが流行を作ってきたひと昔と違い、今現在、人の好みの広がりは正に無限大となりました。ファッションにしても趣味にしても、「主流」という流れは今やありません。実にニッチな好みが世間には溢れ、その個々人に合わせたニーズに答えるには、身軽に動きが取れない大企業よりも、独特のアンテナを持つ小さな集団の方が断然向いています。
在宅ワークはこの小さな軽やかな集団を構成する一員として、その数を徐々に増やしています。この流れはこれから加速する一方で、決して止まることはないでしょう。あと10年もすると、働く人のほとんどが、小さな集団にその時々で流動的に属しながら、家で働いている…そんな時代が来るかも知れません。
この社会の大きな潮流を受けて、在宅ワークをまとめるための社会的組織も整ってきました。最近よく耳にするいわゆるクラウドソーシングは、クラウド(群衆)とソーシング(業務委託)からなる造語です。
ニュースなどで取り上げられることも増え、この仕組みの発達により、今まで眠っていた労働力が一気に市場に流れ込んでいます。
それまで独立して仕事を委託されており、無茶な要求に涙を呑まされる恐れもあった在宅ワークですが、この組織を通すことにより、弱い立場なりに仕事上の安全性の向上を図ることが出来るようになりました。
少子高齢化が叫ばれる中、一定の場所・一定の時間で人を拘束し、結果として長時間労働をせざる負えない今の社会の仕組みが、次第に立ち行かなくなるのは誰の目にも明らかです。
今後、更に安心して在宅ワークが出来るような社会的仕組みや、法律の整備が成されることが期待されます。

在宅ワークも甘くない?クラウドワークスに挑戦してみて

在宅ワークは、お気軽でお気楽にできるようなイメージを持っている人もいるようですが、在宅ワークも甘くはありません。在宅ワークもというように「も」にしたのは、どんな仕事も甘いわけがないからです。確かに、自宅で仕事をすることにより、気持ちという面では、お気軽だし、お気楽ではあるのですが、収入という面からいうと、それほどお気軽でも、お気楽でもないのです。たとえば、最近流行りの「クラウドソーシングサービス」を使って仕事をしたときのことをお話しさせていただくと、一生懸命資料を集め、構成もしっかりと考えて、時間をかけて書いたライティングなどの仕事も、クライアントが気に入らなければ、それだけでボツになってしまい、一銭にもならないことがあるのです。一銭にならないだけではありませんよね。費やした時間や労力のすべてがムダになるのです。つまりゼロではなく、マイナスになってしまうのです。さらに、クライアントの中には、ボツになった理由を尋ねても無視するような悪質な人もいます。さらに、理由も告げずにブロックするクライアントさえいるのです。何の不正もおこなっていないにもかかわらず、ブロックされた理由も教えてもらえないまま、閉めだされてしまうのです。ひどい話ですよね。こうしたことを乗り越えて行かなければいけません。また、クラウドソーシングサービスというのは、横文字で耳障りはいいのですが、低い単価の仕事が多く、その上、サービス提供会社が20%も手数料を取ります。単価を上げた方がサービス提供会社の側も潤うはずなのに、逆に低価格を売りにして、クライアントにアピールする傾向があるのです。サービス提供会社も、クライアントも、ワーカーも、三者がwin-winの関係になるような仕組みにすべきですよね。いずれこのようなことは明るみになり(実際今でも問題視されていますが)、そのような方向になっていくはずです。ですから、在宅ワークの未来は明るいです。

現代の在宅ワークと言えば、クラウドソーシング

パソコンの普及により在宅ワークの仕事も大きく変化してきています。昔は、部品の組み立て、袋詰めなどの手作業が一般的な在宅ワークでした。しかし、今では、パソコン一つで様々な仕事を行う事ができるようになっているのです。
その代表的な物がクラウドソーシング。専門のクラウドソーシングサイトに登録する事で、自分にあった仕事を行う事ができる仕組みになっていすのです。
仕事の内容も様々で、1つ5円のような簡単なアンケート調査から、1つ数万円もの専門的な知識が必要になってくる物まで様々。なかには、ブログを書くように日記を書くだけでお金がもらえるような物もあるのです。これなら、家事や育児の合間にお小遣い稼ぎを行う事も難しくはありません。
また、クラウドソーシングの場合、それを本業として行っている人も少なくはありません。個人事業主登録を行い、自宅で仕事を行って生活費をクラウドソーシングで稼いでいるのです。クラウドソーシングは、基本、無料で登録する事が出来ますが、中には、収入の数%を手数料として払う仕組みになっています。しかし、その分、その登録会社が間に入ってくれるので、支払いが滞ったり、もめごとに巻き込まれたりする心配はありません。また、自分で営業する必要もないのです。
単発の仕事から、長期的に直接依頼を受けて行うものなど、仕事内容も様々になっている為、生計を立てるために利用している人から、小遣い稼ぎ感覚で行っている人まで様々になっているのです。
昔は、在宅ワークと言えば、主婦の内職といった事を想像しましたが、今では在宅ワークで生計を立てている人もいて、昔とは随分、内容が変わってきています。
また、同じ主婦でも月に1万~2万円程度の儲けの人から10万円以上稼ぐ人までいるようです。これは、仕事の内容、仕事にかける時間、稼ぐ目標などによって変わってくるようで、本当に自分にあった稼ぎ方を選択する事ができるようになっているのだと思います。

アンタでも楽に儲かるといわれたバイナリーオプション

お金を儲ける、という行為は真面目に生きている人間が手を出してはいけないんじゃないかと思っていて、美味しい話を聞いても乗ったことがありませんでした。
でも、会社でほぼ同額の給料をもらっているはずの同僚が、私よりも良い車に乗ってブランドバッグを持ち、週末はホテルのレストランで食事をしているのを見て気が変わりました。
その同僚は、賢く資産運用しているんだそうです。説明してもらったけど、私の頭では良く理解できませんでした。まあその同僚も説明するのが面倒で詳しく解説してくれなかったのですが、仕方がないので実家の兄に解説してもらうため、彼の大好きな大吟醸を手土産に持って行ったのです。
そして、初心者でもできるという「バイナリーオプション」というものについて説明してもらいました。このバイナリーオプション、同僚からも聞いたのですがイマイチよく分かりませんでした。10分後の相場を予想する、とかいうのですが私は相場とか金融については全く知識がなく、予想なんてできるわけがないのです。
ところが、兄の説明だと予想と言っても高くなるか安くなるか、そのどちらかを選べば良いというのです。2つに1つ、ということですから確率にすると50%ということですよね。
何だそんな単純なこと?と拍子抜けしましたが、考えてみればそんな簡単な賭けみたいなのに大事なお金をつぎ込むのはちょっと怖いなあと思ってしまいました。
やっぱりやめるわ、といった私に対し、兄は自分がこれまでバイナリーオプションでいくら稼いだかを得意そうに話し始め、その額にびっくりして結局私もやることになったのです。バイナリーオプションを。
でも、いくら2つに1つの選択でも、基本的な知識が必要だということでさらに兄の「講義」は続きました。ここでもまた私はつまづいて、円高と円安の意味が分からなくて兄をイライラさせました。
円が高くなるとなんでドルが安くなるのか、その仕組みが理解できないのです。でも、実家にあった私の大好きな輸入菓子を使って説明してもらったら、すんなり理解できたのです。
これだ、と思いました。難しい金融の話も食べ物に例えて解説してもらえば頭に入る、兄に頼んでこれからもしばらくはお勉強が続きます!

ネット副業の定番はアフィリエイト?

ネット副業というと、まっさきに思いつくのがアフィリエイトなのだそうです。そうですかね?楽して儲かる副業の筆頭などと言っている人もいるくらいです。しかし、ネット副業としてアフィリエイトをやっている人の80パーセントもの人が、月収1,000円未満なのだそうです。ところが、月に何十万円どころではなく、何百万、何千万も稼いでいるアフィリエイターもいるわけです。人気のブロガーでも、月に数十万円稼いでいる人もいますからね。ということになると、ネット副業としてアフィリエイトをすることはどうなのかということにもなります。稼ぐ仕組みを作ってしまえば、だれでも稼ぐことはできるということなのですが、その仕組みを作れない人が80パーセントもいるということになるわけですよね。しかし、逆に見ると、20パーセントの人はそれ以上稼げるようになっているということになります。よく言われることに、80:20の法則というものがあります。これは、80歳になっても20本の歯を残そうというキャンペーンのことではありません。どんな集団でも、80パーセントのできない人と、20パーセントのできる人がいるという法則です。不思議なもので、何をやってもこの法則の通りに分かれてしまうのです。じゃあ、できる側の20パーセントだけを集めれば全員ができる100パーセントになるのではないかと思うかもしれませんが、できる人の20パーセントだけを集めてやってみると、できる人だったのにもかかわらず、また80:20の法則のとおりになってしまうというのです。ですから、ネットを使った副業も、この法則の通りになってしまうのかもしれません。ですから、自分は絶対にできる20パーセントの側に入るのだと思っていなければいけないのでしょう。そして、いろいろと工夫を重ね、試行錯誤しながら、少しずつ報酬を上げていけばいいのです。そのうちにスキルも上がってきますから、そこからさらに磨きをかけていけばいいわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ